2013年01月30日

バス散歩

節分を間近にひかえたある日
マイクロバスに乗って ログハウスへ行きました。

ログハウスに到着して これからの遊びの前に
ちょっと特別な日ですから おやつを食べましょう。

お家でもお菓子を食べますが 
お友だちと食べるお菓子は これ又 おいしくて!



ログハウス (94).jpg















ログハウスは 室内では裸足で遊ぶので
玄関で靴下を脱ぎます。
ログハウスの職員の方が
「小さいのにみんな自分でできるのですね」と
ほめて下さいました。












ログハウス (111).jpgログハウス (14).jpg
ログハウス (41).jpgログハウス (150).jpg




天気もよく バスにも乗れて
たくさん遊んで楽しいお散歩でした。





ログハウス (28).jpg











posted by something-new at 14:42| Comment(0) | photo

2013年01月25日

ひとり ひとり


わたしたち保育の仕事では
「ひとり ひとり」という言葉を
よく 使います。

たとえば・・・・
ひとりひとりの健康状態を把握して
手厚くみていく  とか
ひとりひとりの 進み具合を見て
援助の方法を考えていく・・・などでしょうか。


さて、今日は事務所で仕事をしていると
ばら組の保育室から おゆうぎ会の練習で
こどもたちの歌が聞こえてきました。


ばら組さん。
年長になると 歌の歌詞も味わい深くて
「かわいいだけじゃない」歌になりますね。
担任も仕事を終えてからピアノの練習も
がんばっています。










DSC_0001.JPG







前回の音楽指導では
歌詞の意味と「空に広がる虹」が
思い描けているか・・・ について
講師よりお話しがありました。



そして すみれ組さんが 劇の練習。











DSC_0003.JPG









年長には年長の担任の指導があり
年少には年少の指導方法があります。
どちらのクラスも子どもと担任が
練習の「いい雰囲気」を作っていました。










DSC_0013.JPG










練習が終わると 担任が
「今日の練習 とっても上手でした!」と
子どもたちをほめています。
ちゃんと正座をして背中を伸ばしているおとなからほめてもらったら 
子どももちょっと特別な気がするのではないでしょうか。

そして 劇の練習をするときに
担任が言ったセリフを子どもがリピートして言ってみるのですが
まさにこの事が「ひとり ひとり」だと考えています。
おとななら紙に書いた台本を読んでセリフを覚えるのでしょうが
こどもはおとなが発する声を聞き取ろうと耳を傾けおとなの顔をのぞきこみます。
おとなもひとり ひとりのこどもの顔を見て
わかってくれたかな・・・と子どもと目を合わせます。
○○ちゃんは わかってきたな とか
○○ちゃんは もう1回言ってあげたほうがいいかな とか
おとなも このセリフの区切り方だと
こどもには長すぎた・・と ちょっと反省したりして

紙に書いたセリフを子どもが読んで覚えるのとは違う指導になります。

ひとり ひとりを大切にする・・・というのは
本当は日常の中の行為を できるかぎりていねいにすることのように
思えてきます。
なかなかむずかしいのですが どうでしょう・・・













posted by something-new at 12:09| Comment(0) | photo

2013年01月24日

試作中 2


25日のお楽しみおやつの試作を続けているのは・・・

給食室の先生方。

【こんなに作ってみたけれど】まだまだ納得いかない!ようです。


それで またまた試作してみましたよ。
にゅるにゅるっとトグロを巻くのは やっぱりダメだ。






DSC_0007.JPG













それでは 横向きのとぐろはどうだ?














DSC_0006.JPG










それとも・・・














DSC_0005.JPG












1月のおたのしみおやつだから
「干支の巳」と思ったけれど
これは実現困難として 
いっそこっちの方向性を模索っと・・・












DSC_0001.JPG













いいかもしれない! けれど
これだと ひとり30グラムのパン種だと
ひとり2個になるし そうすると時間が足りないし
1個にすればカロリーが足りない・・・

どうすればいいの? がその後に話し合われて。


決定したおやつは25日のお楽しみ。


























posted by something-new at 10:12| Comment(0) | eat it

2013年01月23日

試作中

1月25日 お誕生会のお楽しみおやつ・・・

の  試作中です。

1月ですから今年の干支にちなんで「巳(み)」です。



管理栄養士のN先生が最初に見せてくれたのが

これ!




DSC_0012.JPG




ひと目みて私はすごく気に入ってしまいました!

いいじゃないですか!




ところが N先生には これではちょっと・・・のようで

これが提示されました。







DSC_0021.JPG






えっ?   えっ?  えっ?

これって 「へび?」

・・・ちょっと 虫っぽくない?ですか


そして ここに至るまでの数々の試作品を見てみました。












DSC_0015.JPG









そして・・・・








DSC_0016.JPG










なんだか どれもこれも かわいくて楽しくて

私としては最初の緑色のヘビがいいと思うのですが

さて25日をお楽しみに!









posted by something-new at 10:32| Comment(0) | eat it

2013年01月20日

子ども会 もちつき


昨日の久良岐保育園保護者会もちつきに続いて
今日は中里子ども会の おもちつきです。

会場は もちろん久良岐保育園の園庭。





カメラ1 (5).JPG













この頃の屋外炊き出しの時の 人気モノ。
「まかない君」です。












DSC_0002.JPG
















プロパンガスかまきの火力を燃料に
はやくお湯を沸かしたり 大量の調理ができる スグレ物です。

今日は お雑煮を作りました。












posted by something-new at 13:10| Comment(0) | photo

和太鼓演奏

年長ばら組 最後の演奏披露の場になるのが おもちつき大会です。
小さい時から 年長のこどもたちの練習を見て大きくなりました。
そして年中後期からは毎月2回の和太鼓練習。
いまでは こんなにしっかり叩いて 立派な演奏ができるようになりました。
















DSC_0300.JPGDSC_0299.JPG
DSC_0298.JPGDSC_0275.JPG
DSC_0283.JPGDSC_0281.JPG
DSC_0278.JPGDSC_0276.JPG


この日は【創作和太鼓集団 打鼓音】の渡邊晃伸先生も来てくださり
応援をして下さいました。





























posted by something-new at 10:23| Comment(0) | photo

ぺったん ぺったん

年長さんも ぺったん ぺったん 手(チョキ)










DSC_0312.JPGDSC_0328.JPG
DSC_0352.JPGDSC_0355.JPG














posted by something-new at 09:48| Comment(0) | eat it

2013年01月19日

First Lady

おもちつきの会場に ちいさな Lady 





DSC_0389.JPG

















おめかしの仕上げは ジュエリーですね。








DSC_0404.JPG
















posted by something-new at 16:02| Comment(0) | photo

Blue


空は Blue



DSC_0409.JPG












子どものはっぴも Blue











DSC_0401.JPG









空も 高くて
子どもの気持ちも 広い

お日さま  ありがとうございます。












posted by something-new at 15:53| Comment(0) | photo

湯気のむこうに・・・


湯気のむこうに・・・・・







DSC_0400.JPG









おとうさんがいて・・・・












DSC_0406.JPG











おかあさんもいる・・・・












DSC_0342.JPG









ひとつの臼でついた お餅を
みんなで分けて食べる

うーん
おいしい!










posted by something-new at 15:46| Comment(0) | eat it